わたしの音言葉

音楽に生きたいブログ。歌詞を作っています。

まつりのあとも

先日祇園祭に行って来ました。 思い出を言葉に残しておきたくて。 まつりのあとも 暑いはずなのになぜか 涼しさを感じさせる祭りの温度 誰もが夏を感じたくて 集まってくるのだろうか 他の夜とは少し違う 蒸し暑さと少しの風を 両方肌で感じて 裾から入る夜…

無花果の味

無花果は文字通り花が咲かないのだろうか。 いつもとは少し違うテイスティングで。 以前、ドラマを見て思い通りにならない恋愛ってこんな感じかなあと想像を働かせて書きました。 無花果の味 辛いことがあるたびに 少しこの関係を恨むけど 好きだって、強い…

音楽のチカラ

哀しい時、寂しい時、嬉しい時、楽しい時 どんな時にも寄り添ってくれる音楽があって。 Music garden 歌って不思議だよね 歌に乗せたらさ、 愛してるとかありがとうって 自然に伝えられる 歌って優しいよね イヤホンさしたらさ 嬉しい時も悲しい時も 寄り添…

雨が降ったら

梅雨の時期だから雨になぞらえたけど、こういうことってよくある、はず。 そんな日常を思って書いてみました。 突然の雨音に気分も沈むかな… 雨が止まない そんな気分になってさ 憂鬱に思えた 自分にしか降らないみたいで 広く周りを見渡していたら 君の上に…

明日へ駆ける

明日へ駆ける 新しいドアを開けて どこまでも歩き出す不安なまま 抱えている思い 明日へ駆けて悔しさはもっと糧に悲しみはもっと声に思っている言葉心で並べるだけじゃ(not not no...) 今日も疲れたのに座る場所もない通勤電車窓に映る自分より見つめるのは…

あさが来た

毎日、朝が来て、眠い目をこすって、仕事に行ったり学校に行ったり… 同じようなことの繰り返しのような日々が続いても、1日1日その日に戻ってくることはないから、毎日が大事だなと感じます。 嫌なことがあったり、疲れたことがあっても、朝が来ればまた新し…

夏はちょっと早いけど

夏にしてはちょっと早いけど。 高校の時、夏のコンクールを目指して一生懸命になっていた季節だなと思い返して。 高校生の時に作った歌詞です。 2番で特に部活の事を考えながら歌詞を作っています。 結構前に作ったのに、いいタイトルが思いつかなくて…まだ…

ハルノキセツ

今年も、桜が満開の時期を迎え、 春を彩っている。 春は 新しいことの始まる季節 だけど、 物事の終わりでもある季節 暖かな気候にどこかわくわくするけど 季節の変わり目はいつもどこか切なくて。 恋してる気持ちも楽しくて、わくわくして、だけど、どこか…